住宅の不同沈下・地盤改良、自然災害による住宅被害の復旧工事等、住宅の基礎地盤の全てのご相談に応じます。WASC(ワスク)は住宅の基礎と地盤の専門会社です。

そこに住む人を守りたい

基礎塾

今日からすぐ役立つ住宅地盤行学実践道場

基礎塾のご案内

専門家コース
実践的な住宅基礎地盤を分かり易く学べるのはWASC基礎塾だけ
すでに1000名の卒業生が活躍されています。
 

30数年前は地盤調査も地盤補強もあまりなされていませんでしたので、多くの住宅が不同沈下しました。
その後の阪神大震災以降、地盤調査は当たり前となり、地盤補強も多く実施されてきました。
しかし2011年の東日本大震災では、近年建築された建物の上屋の被災は比較的少なく、敷地の沈下変形による被災が顕著でした。
このことは住宅の地盤に生きる我々にとっての大きな課題です。
基礎塾は長期(常時)と共に短期(自然災害時)をも視野にいれて、そこに住む人々に長く安心して住んでいただくための地盤技術者育成の勉強の場,実践道場を目指しています。
近年は戸建て地盤の専門書も増えてきましたが、
基礎塾は、文献に記載されていることを繰り返し説明するのではなく、
長年の実務からの成功、失敗の経験を元に、分かり易く、すぐ役立ち、
かつ関わる者の心に問いかける実践道場、これが基礎塾です。

インフォメーション

弊社は4月11日で創業から丸13年となります。ここに至れましたのは皆様方からのご支援、ご指導の賜物であり、深く感謝しております。
創業からの想いである基礎塾を今年も開催致しますのでご案内させて頂きます。
 昨年までの基礎塾では、平時の不同沈下防止に主眼を置いて来ましたが、今年は「平時の不同沈下防止は当たり前と踏まえ、今後は自然災害から住宅を守る」をテーマに開催致します。
多くの皆様方のご参加を心よりお待ちしております。


第13回 基礎塾がめざすもの

これからは、自然災害から住宅を守れる地盤対策!平時の不同沈下防止は当たり前

40年経過した平時の不同沈下防止も道半ば・・・コカポイント試験を初公開
ある住宅会社が1976年頃から不同沈下防止に取り組み始め、1995年兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)以降に一気に普及し、現在に至っていますが、これまでの40年余の照準は「平時の不同沈下防止」でした。
この間に「不同沈下は激減した」との声を耳にしますが、私が大阪地裁で地盤基礎の調停委員を務めた10年間の経験からは、「まだこんな事を考えながら施工しているのか」と思う事件が大多数でした。これらの事から、平時の不同沈下防止もまだまだ道半ばですが、その原因は「盛土」「空隙」に無関心だからです。
「圧密沈下」「含水比」を熟知しても不同沈下防止に繋がらず、ポイントは「盛土」「空隙」・・・Cavity試験を初公開
住宅の不同沈下原因の圧倒的多くを占めるキーワードは、「盛土」「空隙」「締固め不足」です。これらと「圧密沈下」「含水比」は無関係です。極端に言えば、「土質工学」や「地盤工学」をいくら勉強しても不同沈下は防げません。 基礎塾では「盛土の中の空隙と収縮量の把握」の解説を徹底します。

急務!! 自然災害から命と財産を守れる判断力


豪雨により敷地の土が流され
鋼管杭だけで支持されている住宅
地震や豪雨により「傾斜地では石垣崩壊」「平坦地では液状化」
毎年のように全国で発生する自然災害で、住宅が流されたり、崖から崩落したり、大きく傾く被害を受けています。確かに新築時の地盤補強は「平時の不同沈下防止」の為であり、自然災害に対しては責任範囲外ですが、多発している被害をいつまでも看過できません。 自然災害から命と財産を守れる地盤調査と地盤補強を提案し、住宅を新築される方々に「安心」を届けられる方法を解説します。
石垣が崩壊し易い敷地は見て分かる・・・クイットメル工法を初公開
これからの新築前のSWS試験では単にNa、Nswを把握するのではなく、「崩壊敷地の共通点」の有無を確認し、崩壊敷地の可能性が有れば、今までの不同沈下判定のフローチャートと異なる判断での地盤補強が必要となります。
「戸建て住宅の液状化」は、従来から言われてきた事と被災地実態が違い過ぎる
今まで言われてきた地盤調査・判断・地盤対策方法は、企業の事業用建物や公共の建物用には当てはまりますが、戸建て住宅の液状化対策には合致しない事に気付きました。
これでは未来永劫、同じ被害が発生し、その度に「・・自然災害ですから」を繰り返す事になります。これを補う為、熊本地震で知った事実から、液状化地盤についての「正直な考え方」を解説します。
住宅、地盤業界がやらなければならない仕事
「前年同月比○%減」
これが昨年の新築着工件数でした。今後は消費税増税の前は急増すると思われますが、その後は「減が続く」と言われています。
しかし、今まであまり見向きされて来なかった「自然災害」に目を転じれば、地盤業界がやらなければならない仕事がまだまだ数多くあります。そのスタートが第13回基礎塾と考えています。
これまでの戸建て住宅の液状化に対する考え方の乖離
  1. ハザードマップも正確ではない
  2. 液状化の有無・発生程度を事前に知っても被災する
  3. SWS試験で液状化調査は不可能
  4. 新築時に地盤補強している建物も修復費が必要
  5. 不同沈下量と修復費用は無関係

大阪、東京の2会場で開催します。

第13回基礎塾を次の通り開催します。

開催場所・期間・時間

会場 内容 開催期間 会場となる
施設名
最寄駅 施工実演見学 講座
大阪 通常講座 2018年
4月〜10月
各月1回 全7回
※茨木市福祉
文化会館
JR東海道線
茨木駅
10:00~12:00 13:00~16:30
東京 戸田市文化会館 JR埼京線
戸田駅
9:30~10:30 12:00~16:00

※大阪会場の5月度講座につきましては、以下の会場にて実施致します。 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)
〒567-0888 大阪府茨木市駅前4-6-16(TEL:072-624-1726)

会場 内容 開催期間 会場となる
施設名
最寄駅 修了式 記念講演会
大阪 修了式・
記念講演会
2018年11月 新大阪駅近辺
(予定)
各線
新大阪駅
13:20〜13:50 14:10~16:30
東京 新宿駅近辺(予定) 各線
新宿駅

講座内容

  1. 長年の経験に基づく水際の技術を話せるのは塾長だけ
  2. 初回、最終講座に確認試験を実施
  3. 予算の限られた戸建住宅に対して、建前だけを説明せず、受注金額の中で事故を起こさない水際の技術を説明
  4. 開講日と最終講座に確認試験を実施、また毎月の講座で宿題を出すことで自身の不明点と知識習得を確認
会場と日程 講座
大阪 東京
4/11(水) 4/18(水)

講座名

今も不同沈下は発生している
不同沈下の実態と原因

実演の有無と内容

  1. 実演無し

講座内容

  1. ■午前
    開講式・自己紹介・確認試験
    ■午後
    ①不同沈下の実態 WASC11年の記録
    ②長期の不同沈下防止は当たり前
    ③今後は自然災害で倒壊しない地盤対策が必要
    ④長期と災害時の被害状況を見る
    ⑤土の構成を説明 盛土、空気間隙率を解説
5/16(水) 5/25(金)

講座名

不同沈下防止の半数は地盤調査で決まる
地盤調査で不同沈下防止

○地形・ロケーションの相違による発生の有無
○長期で不同沈下しやすい敷地
○自然災害時に倒壊しやすい敷地

実演の有無と内容

  1. ■大阪
    標準貫入試験/(株)土木管理総合試験所
    SWS試験/(株)ビッグハンズ
    平板載荷試験/(株)WASC基礎地盤研究所
    Cavity試験/(株)WASC基礎地盤研究所
  2. ■東京
    標準貫入試験/(株)アーバンソイルリサーチ
    SWS試験/(有)近藤地質調査所
    平板載荷試験/(株)WASC基礎地盤研究所
    Cavity試験/(株)WASC基礎地盤研究所
    ※東京会場のSWS試験は手動での試験をご覧いただきます

講座内容

  1. ■午前
    施工実演見学
    ■午後
    乱した地盤の不同沈下
    ①ゲスト講師による講演/(有)近藤地質調査所
    代表取締役 近藤和久氏
    ②地盤調査=資料調査+機械調査
    資料調査:旧版地図+地名→地盤は元に戻ろうとする
    ③盛土の有無を確認 〜Cavity試験で確認〜
    →盛土の収縮量=盛土厚の1〜8%程度
    ④SWS試験の自沈層は、丸められて少なくなる
    ⑤地盤推定断面図の描き方
    →支持力度ではなく同沈下と不同沈下を判断
    ⑥告示1113号の自沈への対応例 自沈層=圧密沈下量S=mv×ΔP×H
6月中旬
(予定)
6/20(水)

講座名

長期の不同沈下防止で建築基準法遵守
表土を固める
○表層改良工法(GL-2mまで)
○版築工法(GL-1mまで)
○土のう工法(GL-1mまで)

実演の有無と内容

  1. ■大阪・東京
    表層改良工法/コングロエンジニアリング(株)
    版築工法/(株)WASC基礎地盤研究所
    土のう工法/(株)WASC基礎地盤研究所
    擁壁展示/(株)WASC基礎地盤研究所

講座内容

  1. ■午前
    施工実演見学
    ■午後
    表層地盤依存工法
    ①ゲスト講師による講演/コングロエンジニアリング(株)
    取締役 石田哲也氏
  2. ②硬い地盤の土の構成
    ③叩いて固める=版築
    約1400年前創建の法隆寺、現在修復工事中の鶴丸城御楼門
    →表層改良は固化材添加と締固め
    →版築工法は、固化材の添加無しで表層改良に匹敵する強度を発現
    ④計基準強度と管理強度は別
7月中旬
(予定)
7/19(木)

講座名

長期の不同沈下防止で建築基準法遵守
柱状改良工法
○表土が軟弱で少し深部が硬い地盤

実演の有無と内容

  1. ■大阪・東京
    柱状改良工法/(株)トラバース
    タイガーパイル/(株)トラバース
    PPG工法/(株)トラバース
    Tr-Wing工法/(株)トラバース
    クイットメル工法/(株)WASC基礎地盤研究所
    コカポイント試験/(株)WASC基礎地盤研究所

講座内容

  1. ■午前
    施工実演見学
    ■午後
    周面地盤依存工法
    ①ゲスト講師による講演/(株)トラバース 代表取締役 佐藤克彦氏
    ②全品質現場実現工法
    ③設計通りの施工が難しい
    ④1分/mの施工速度で混合攪拌できているか!?
    ⑤固化は化学反応↔固化し辛い地盤がある
    ⑥未固化による不同沈下事故は明らかに人災
8月中旬
(予定)
8/28(火)

講座名

長期の不同沈下防止で建築基準法遵守
鋼管杭工法
○深部の硬い地盤で支持

実演の有無と内容

  1. 7月に実施

講座内容

  1. ■午前・午後
    先端地盤依存工法
    ①7月度講座の残りの解説
    ②柱状改良と大きく異る能力
    ・先端地盤と継手が鋼管杭の命
    ・しかし、敷地が崩れたら杭も動く
    ・イットメル工法の意味と効果
9月中旬
(予定)
9/19(水)

講座名

法的責任は無いが、自然災害での経済的負担を軽減
傾斜地での災害対策

実演の有無と内容

  1. 実演無し

講座内容

  1. ■午前・午後
    崩れる地盤への備え
    ①ゲスト講師による講演/(株)ワイビーエム 
    営業本部企画部長 奈須徹夫氏
    ②大雨で、背面土が水を大量に含むと崩れる
    ・この時、地盤は昔の形に戻ろうとする
    ・危ない場所:端、高い、石垣、池、川
    ・崩れたら杭がずれ、建物の一部が宙に浮く
10月中旬
(予定)
10月下旬
(予定)

講座名

法的責任は無いが、自然災害での経済的負担を軽減
平坦地での災害対策

実演の有無と内容

  1. ■大阪・東京
    砕石工法/ハイスピードコーポレーション(株)

講座内容

  1. ■午前
    施工実演見学
    ■午後
    揺れる地盤への備え
    ①ゲスト講師に寄る講演/ハイスピードコーポレーション(株)
    代表取締役 堀田誠氏
    ②熊本地震で知った「被害の実態と修復費用」
    ③何のための液状化判定か!?
    ④判定が正確であれば、何が防止できるか?
    ⑤疑問だらけの「戸建住宅の液状化対策」
    ⑥確認試験
11/9(金) 11/16(金) 修了式・記念講演会(詳細は未定です)
講師:高森洋・若松加寿江先生(関東学院大学理工学部教授)
※開催日が「予定」の講座については、決定次第受講して頂く皆様に改めてご連絡致します。
※講座の内容は、変更・入れ替えの可能性があります。
※大阪・東京何れの会場でも受講可能です。

ゲスト講師の皆様

  • 5月

    ㈲近藤地質調査所
    代表取締役 近藤和久氏

    手回しSWS試験で35年間で1万棟を調査。知り尽くした地元地盤。SWS試験の第一人者が住宅地盤調査の想いと心掛けを語る。

  • 6月

    コングロエンジニアリング㈱
    取締役 石田哲也氏

    版築工法を祖とする表層改良工法。これを溝で囲んで使うMS工法にある独特の特徴と効果について語る。

  • 7月

    ㈱トラバース
    代表取締役 佐藤克彦氏

    自社開発の部材・工法で地盤調査・補強工事数国内No.1。その考え方と、新工法「Tr-Wing」の特徴と意義を語る。

  • 9月

    ㈱ワイビーエム
    営業本部企画部長 奈須徹夫氏

    柱状改良施工機・ポンプ・プラントをコンピュータで一括管理し、リアルタイムな遠隔監視で施工現場の見える化を実現。データ改竄防止の全自動施工管理制御システム「Y-LINK」を語る。

  • 10月

    ハイスピードコーポレーション㈱
    代表取締役 堀田誠氏

    砕石柱による支持効果と間隙水圧の消散。地震の度に多発する液状化と東日本大震災を経て、その特徴と普及状況を語る。

  • 11月(記念講演)

    関東学院大学
    理工学部教授 若松加寿江氏

    都市防災研究。液状化発生履歴研究の第一人者。WASCの熊本地震液状化集中の原因調査でご指導頂いております。

第12回基礎塾での施工実演の様子

地盤のいろはを学んで不同沈下防止を図るのではなく、 不同沈下事故の原因となった事を再発させない、これが基礎塾 しかし、まだまだ安心出来ないのが現状です

受講費用

毎月の各講座は連動しており、部分講座の受講は理解し辛いのが今までの実情です。全ての講座を受講されることをお奨めしますが、部分講座の受講でも構いません。

1:受講費用
詳しくは「受講費用一覧」をご覧ください。»受講費用一覧(PDF)へ
2:受講費用の割引特典
  • 今回初めての方
    下記のいずれかに該当の場合は、受講費用を講座毎に1,000円割引します。 但し、重複の割引はできません。
    (イ) 全講座受講のお申し込みを頂き、4月の初回講座までに全額をお振込み頂ける方
    (ロ) 次に何れかに該当する会社の社員
      ・WASCパイプフォームをお買上げ頂いている会社
      ・改良体の一軸圧縮試験をご用命頂いている会社
  • 再受講の方:半額とします。
  • 学生の方:各講座3,000円、記念講演2,000円(各々テキスト代含む、税込)とします。
  • 無料受講の特典
    受講費用を先にお振込みの方で、講座を欠席された場合には、翌年に限り受講費用免除で受講できます。昨年度第12回講座を欠席された方で再受講をご希望の方も、受講申込書でお申し込みください。
    »受講申込書(PDF)

受講のお申し込みとお支払い

1:お申し込み方法
申込書にご記入のうえ、FAXでお申し込みください。折り返し受付書を返信致します。
»受講申込書(PDF)
2:お支払い方法
受講費用のお支払いは下記の通りです。ご留意ください。
・初回講座前に全額お振込み頂く
・各講座毎に前日までにお振込み頂く
※途中で欠席された場合、原則として返金致しかねますが、代理受講は構いません。

著書の購入をお勧めします

下記の著書を基礎塾講座内での副教材として使用します。受講申込書に記載して頂くか、開催日に受付でもお渡し可能です。(この場合は、後日お振込みをお願い致します)
  • ■PHP研究所刊「地盤と基礎100の疑問」 (1,234円/冊 税込)
  • ■講談社刊「地震に強い家にできる80の方法」 (1,404円/冊 税込)
    ※同時に2冊お買い求めの場合は、2,600円とさせて頂きます。

実践第一の勉強の場、これが基礎塾です

  • 分かりにくいと言われている住宅地盤ですが、実際の施工を目の前で行い、更に模型を使って分かり易く説明
    “百聞は一見にしかず”これが基礎塾の中心
  • 実際の事故例を取り上げ、「損害賠償の怖さ」と、その原因が「無知、悪い悪習」であることを解説
  • 住宅の接地圧はたかが 20〜30kN/㎡
    世の中で発生している不同沈下の原因、パターンが、目の前の敷地に合致するか否か?を判断できれば不同沈下の判断ができることを解説

各講座の午前中、実際の施工を見てもらいながら解説します
  • 土槽で平板載荷試験をして地盤への力の伝わり方を目で確認する
  • 未固化柱状改良体を観ながら…
  • SWS試験を利用したサンプリング
  • 軽量盛土工法の上を歩いてみて…
  • MS格子状地盤改良工法の掘削確認
  • 平生は見れない擁壁の裏側を見ながら・・
    普段は見れない擁壁の裏側を見ながら…
  • 砕石パイルの施工
  • 鋼管杭の打設
    鋼管杭の打設
  • どんぐり君の施工準備
    どんぐり君を用いた柱状改良の施工
午後は室内で確認

理解しやすくするための模型教材のいろいろ

  • 地盤内応力(爪楊枝で..)
  • 東海大学 藤井先生の講演
  • 公益団体の先生の講演

見学会の様子

  • 見学会(兵庫県南部地震の震災遺構)

    ①人と未来防災センター(兵庫県神戸市)
    ②野島断層保存館(兵庫県淡路市)

  • 見学会(木杭による液状化対策工法)

    ①飛鳥建設株式会社「LP-LiC工法」見学・解説
    ②前田建設工業株式会社「マルチジェット
      工法」解説

をお受けしています。
「基礎塾に参加したいが、大阪は遠いので…」、あるいは「…このテーマだけ話して欲しい」などのご要望がたくさんあります。それに応えて、ご指定の街へ塾長が出向いています。ご遠慮なくお申し出ください。
皆様の地域の風土、地盤に合わせた内容で「あなたの街の基礎塾」で良い物造りを推進しましょう。

Copyright © 株式会社WASC基礎地盤研究所. All Rights Reserved.